如意山金剛寺は兵庫県三木市大村にある真言宗御室派の寺院です。

沿革

寺伝によれば、白雉2年(651)法道仙人開基。
天長4年(825)、空海が諸国修業の折に立ち寄り、カヤの木で薬師如来を刻み一堂を建立したと伝えられています。
三木城の戦いで焼失しましたが、当寺出身で豊臣秀吉の右筆を努めた大村由巳の尽力で寛文5年(1665)に再建されました。

PAGETOP
Copyright © 金剛寺 (三木市大村) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.